ワインに合うおつまみを見つけよう!~赤ワイン編~

草むらを背景にしたグラスワイン(赤)ここでは、赤ワインに合うおつまみについて、考えてみます。赤=肉料理と聞くことが多いですが、赤ワインの味わいを引き立てるものは、肉以外にもたくさんあるのです。

赤ワインには何が合う?

ワインには多種多様な違いがあるため、ワインに合うおつまみにも違いがあります。ここでは赤ワインのタイプ別に合うおつまみを紹介します。

本格的な赤ワインに合うおつまみ

ボルドーの赤などの本格的な赤ワインには、脂身の多い肉や魚が合います。肉なら牛サーロインや脂身の付いた豚ロース肉、魚ならさばやさんま、いわしなどがぴったりです。

ゴルゴンゾーラなどの青カビチーズも合いますし、カマンベールチーズを燻製にしたものもぴったりです。燻製にされたもので赤・白問わずワインに合うおつまみはたくさんあります。

合鴨のスモークで赤ワインを嗜むのも最高です。調味料ではチリソース系の刺激のあるものがぴったりなので、エビチリは特に赤ワインに合うおつまみになるでしょう。

軽めの赤ワインに合うおつまみ

ボージョレなどの軽い赤ワインには、やや脂身を押さえた肉や魚が合います。肉なら地鶏や牛ヒレ肉、脂身のない豚肩肉が、魚ならばかつおやまぐろが合うと考えられます。

チーズなら熟成の進んだもの(ゴーダなど)やパルメザンが程よく合います。

なんとキムチもこのワインにはマッチします。渋みや苦味の元となるタンニンが控えめで酸味が高いさっぱりした赤ワインには、やはりさっぱりした料理が合うでしょう。

簡単に楽しむなら

家で色々と作るのはちょっと面倒・・・という場合は、ちょっと贅沢をして、燻製や生ハムのパッケージなど赤ワインに合うおつまみをお取り寄せしてもよいかもしれませんね。